媒介契約の種類

不動産売却で得する方法|無料一括査定で不動産を高く売る!

家を売りたい!マンションを売りたい!土地を売りたい!

不動産の売却時に不動産業者と結ぶ仲介契約って何?

読了までの目安時間:約 4分

不動産を売却する時は、仲介契約を結んだ不動産業者(宅建業者)に買主との間に入ってもらい、書類の作成や重要事項の説明をしてもらう事が一般的です。こうした仲介契約(媒介契約)には、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の3つ形式があり、売主の希望に即した形式で媒介契約を結ぶことになります。
不動産仲介の媒介契約

一般媒介契約

一般媒介とは、売主が複数の宅建業者と媒介契約を結ぶことができる形式を言い、明示型と非明示型があります。この契約は、様々な業者同士が物件情報を持つことになるため買主が物件を見つけやすいというメリットがあります。

 

しかし、宅建業者はその物件を独占的に媒介する事ができないため、他の媒介契約より買主を探す事が後回しになるデメリットがあります。ただ、他の宅建業者と契約した事を伝える明示型を選択する事で、業者同士が競って買い手を探してもらえる事もあります。なお、売主が自ら買主を探して取引を行う事も可能です。

 

専任媒介契約


専任媒介とは、売主が一つの宅建業者のみと媒介契約を結ぶことができる形式を言い、契約期間は最長で3ヶ月間、売主への媒介状況の報告義務は2週間に1回以上が必要となります。

 

この契約は、その物件を独占的に媒介する事ができるため、営業努力が無駄にならず報酬も受け取れる事から積極的な営業活動をしてもらえるというメリットがあります。ただし、物件の窓口が一つに限定されるため、囲い込みなど宅建業者の都合の良い取引にされてしまい売主によって不利益となるケースもあります

 

囲い込みとは、売主のみならず、買主からも仲介手数料を取る為に、宅建業者が自ら探した買主と取引ができるよう情報を操作して取引を制限する事であり、不動産業界の悪習と言われる方法です。なお、こちらも売主が買主を探す事が可能です。

 

専属専任媒介契約


専属専任媒介とは、専任媒介とほぼ同じ媒介契約ですが、宅建業者が探した買主としか売買契約ができない点、媒介状況の報告義務は1週間に1回以上である点が異なります。これは他の媒介契約より優先して買主を探してもらえる事が特徴と言えます。

 

媒介契約まとめ


つまり、幅広く買主を探したい場合は一般媒介、買主の候補はいるものの他に良い条件の買主を見つけたい場合は専任媒介、全ての対応を宅建業者に任せたい場合は専属専任媒介を選択する事になります。もし、媒介契約に迷ってしまう場合は、いくつかの業者と一般媒介を結び、それぞれの業者の対応を見ながら信頼できる宅建業者と専任媒介あるいは専属専任媒介を結ぶと良いでしょう。

 

不動産業者

この記事に関連する記事一覧

不動産売却時の一括査定サイト

イエウール
最大6社から見積もりが取れます。提携しているのは誰もが知っている大手の不動産会社から地元密着している中小の不動産会社まで1,200社以上と提携しています。一括査定の申し込み時の最後の質問で、訪問査定か机上査定を選べるのも特徴。訪問査定の方がより詳しく不動産を査定出来ます。ちなみに、一括査定申し込みの8割の方が訪問査定を選ばれているそうです。入力は60秒程度で終わる簡単なもの。もちろん無料査定です。
イエウールの公式サイト
http://ieul.jp/
HOME4U
NTTデータグループが提供する不動産一括査定サービスです。NTTデータグループだけに安心して利用できます。HOME4Uが厳選した優良企業500社のうちから最大6社を抽出して査定見積もりしてくれます。NTTと聞くと不動産が連想できませんが、HOME4Uは2001年から不動産事業を始めていて15年以上の実績があります。入力も1分程度で終了するので、簡単に無料一括査定が出来ます。
HOME4Uの公式サイト
http://www.home4u.jp/
スマイスター
最近ぐぐ~~~んと成長してきた不動産一括査定サービスです。キャンペーンを積極的に展開しており、成約時の電話取材で5,000円もらえたりします。45秒の無料査定と書いてありますが、入力に慣れた人であれば大丈夫そうですが、私は1分かかりました。簡単であることには違いありません。こちら不動産査定も無料で800社の中から6社を抽出して査定してくれます。
スマイスターの公式サイト
http://www.sumaistar.com/
オウチーノ
全国500社の提携不動産会社が対応。1分ほどの簡単入力で一括査定が出来ます。このページは、不動産売却ガイドがありますので、かなり勉強になります。完全無料で複数不動産会社から見積もりが取れて、勉強にもなるオウチーノ。提携している会社も大手が含まれていますから、一度チェックしてみて下さい。
オウチーノの公式サイト
http://www.o-uccino.jp/
ReGuide
旧SBI不動産の一括査定サイトです。SBIグループから独立して運営されています。2006年からスタートした老舗サイトで10年以上の運営実績があります。一括査定では、最大10社に査定の依頼を行うことが出来ます。このサイト、自宅売却必勝法なるコンテンツもあり、一括査定を行わなくても見ておくと良いですね。
RE-Guideの公式サイト
http://www.re-guide.jp/
TOPへ戻る