不動産売却時の書類

不動産売却で得する方法|無料一括査定で不動産を高く売る!

家を売りたい!マンションを売りたい!土地を売りたい!

不動産売却時に事前準備しておく書類はなに?

読了までの目安時間:約 6分

不動産売却時に必要な書類

 

不動産の売却時には様々な書類が必要です。売却を検討しはじめたころから、余裕をもって準備しておくことをお勧め致します。売却時に必要な書類は以下の通りです。

 

    • 身分証明書
    • 実印
    • 印鑑証明書
    • 住民票
    • 不動産の権利証
    • 固定資産税納付書
    • 土地測量図・境界確認書
    • 管理規約等(マンションの場合)
    • 検査済証
    • 耐震診断報告書
    • その他の書類

 

本人確認書類


売主を特定する本人確認書類です。売却する不動産が共有名義になっている場合は、共有している全員の本人確認書類が必要です。本人確認書類には、身分証明書・実印・印鑑証明書・住民票がそれぞれ必要です。

 

本人確認書類は簡単に集まりそうですが、共有名義の方が遠方に住んでいる場合は時間がかかりますから、事前に用意しておいてもらいましょう。ただし、印鑑証明書や住民票は3ヵ月という有効期限があります。その点は注意しておきましょう。

 

不動産の権利証


権利書と呼ばれるものです。「登記済権利書」というものが権利証にあたりますが、平成17年以降に不動産を取得した場合は、登記済権利書の代わりに「登記識別情報」が発行されているかも知れません。その場合は「登記済識別情報」を用意しておきましょう。

 

登記済権利書」もしくは「登記済識別情報」は、法務局から登記名義人に交付される書類で、登記名義人が正しい持ち主ですよと証明するとても大切な書類です。売却時にこの書類を買主に渡し、移転登記が行われると所有権が買主に移ります。

 

固定資産税納付書


固定資産税の納税額を確認する為の書類です。固定資産税は1月1日時点に所有している人に対して1年間分の税金が課税されます。取得時期によって、売主に一部の税金が返されるのが一般的です。

 

土地測量図・境界確認書


土地測量図は一戸建ての場合や土地売却の場合に必要となる書類です。売却金額を決める大切な書類になりますので、必ず準備しましょう。

 

境界確認書も大切な書類です。境界が確認できないと購入後のトラブルになりますので売りにくくなります。境界確認書がない場合、不動産会社に相談してみましょう。いろんなケースがありますので相談に乗ってくれるでしょう。

 

管理規約等(マンションの場合)


マンション売却時に必要となる書類です。マンション管理に関する書類はすべて用意しておくと良いでしょう。買い手は購入するマンションでの規約は特に気にする条項です。維持費等も気にされますから、マンション管理に関する資料は一通り揃えておくと良いでしょう。

 

検査済証


「済証」と呼ばれるものです。建築確認済証や検査済証は、その不動産が建築基準法に則って建てられたかどうかを証明してくれる大切な書類。これがないと買主が金融機関からの借り入れができないという弊害が出てきます。

 

最近の建築物件では必須の書類になっておりますが、昔の建築物ではこの検査済証がない場合があります。今から作ることも出来ないため、検査済証がない場合は不動産会社に相談してみましょう。

 

耐震診断報告書


最近建築されたものであれば必須ではありませんが、あると信頼度がアップする書類です。古い建築物の場合は、耐震診断報告書の提出を求められる場合がありますから、不動産会社に確認が必要です。

 

その他の書類


売却する物件に関する書類があれば、すべて用意しておくと良いでしょう。アスベスト使用調査報告書や地盤調査報告書等、信用に関係する書類もあります。また、購入時のパンフレットや契約書・重要事項説明書等も有効な情報になりますので、あると良いでしょう。

 

不動産高値売却法

この記事に関連する記事一覧

不動産売却時の一括査定サイト

イエウール
最大6社から見積もりが取れます。提携しているのは誰もが知っている大手の不動産会社から地元密着している中小の不動産会社まで1,200社以上と提携しています。一括査定の申し込み時の最後の質問で、訪問査定か机上査定を選べるのも特徴。訪問査定の方がより詳しく不動産を査定出来ます。ちなみに、一括査定申し込みの8割の方が訪問査定を選ばれているそうです。入力は60秒程度で終わる簡単なもの。もちろん無料査定です。
イエウールの公式サイト
http://ieul.jp/
HOME4U
NTTデータグループが提供する不動産一括査定サービスです。NTTデータグループだけに安心して利用できます。HOME4Uが厳選した優良企業500社のうちから最大6社を抽出して査定見積もりしてくれます。NTTと聞くと不動産が連想できませんが、HOME4Uは2001年から不動産事業を始めていて15年以上の実績があります。入力も1分程度で終了するので、簡単に無料一括査定が出来ます。
HOME4Uの公式サイト
http://www.home4u.jp/
スマイスター
最近ぐぐ~~~んと成長してきた不動産一括査定サービスです。キャンペーンを積極的に展開しており、成約時の電話取材で5,000円もらえたりします。45秒の無料査定と書いてありますが、入力に慣れた人であれば大丈夫そうですが、私は1分かかりました。簡単であることには違いありません。こちら不動産査定も無料で800社の中から6社を抽出して査定してくれます。
スマイスターの公式サイト
http://www.sumaistar.com/
オウチーノ
全国500社の提携不動産会社が対応。1分ほどの簡単入力で一括査定が出来ます。このページは、不動産売却ガイドがありますので、かなり勉強になります。完全無料で複数不動産会社から見積もりが取れて、勉強にもなるオウチーノ。提携している会社も大手が含まれていますから、一度チェックしてみて下さい。
オウチーノの公式サイト
http://www.o-uccino.jp/
ReGuide
旧SBI不動産の一括査定サイトです。SBIグループから独立して運営されています。2006年からスタートした老舗サイトで10年以上の運営実績があります。一括査定では、最大10社に査定の依頼を行うことが出来ます。このサイト、自宅売却必勝法なるコンテンツもあり、一括査定を行わなくても見ておくと良いですね。
RE-Guideの公式サイト
http://www.re-guide.jp/
TOPへ戻る